Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

熱帯魚: 熱帯魚購入時の注意点

のっぽり
 のっぽり
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 1件
熱帯魚を買うときに気を付けること
熱帯魚を買うなら、複数の種類を買いたいという人も多いと思います。
しかし、熱帯魚には混泳(一緒に飼うこと)に向く魚と向かない魚があります。
例えば有名な熱帯魚であれば、ネオンテトラ系の熱帯魚やコリドラス系の熱帯魚は性格が穏やかで混泳向きです。
混泳に向かない熱帯魚はベタなどです。また、混泳させる熱帯魚の大きさがあまりにも違うと大きい魚が小さい魚を攻撃することもあります。
混泳に向くか向かないかは、インターネットで検索すれば、わかる場合もありますが、一番お勧めなのが熱帯魚ショップの店員に
今飼っている熱帯魚と飼おう思っている熱帯魚を伝えて混泳させても大丈夫か確認することです。
お店で気に入った熱帯魚が買えたら、家に帰ってすぐに水槽に入れたくなりますが、すぐに入れてはなりません。
家の水槽の水温、水質と熱帯魚ショップの水槽の水温、水質が違うため、水合わせをしないといけません。
水合わせをしなければ、水質の違いにより最悪の場合熱帯魚を死なせてしまうこともありますので、必ず水合わせを行います。
水合わせの方法は、まず、お店で買った魚を袋に入れたまま家の水槽にだいたい30分くらい浮かせて、水温を合わせます。
水温が合えば、家の水槽の水を魚の袋の中に少しずつ入れていきます。だいたい水量の3分の1から4分の1くらいを入れていきます。
それを10分感覚で3回ほど繰り返せば、水槽に魚を入れられる状態になります。
水槽に魚を入れる場合は、袋の水は入れず、魚だけを入れるようにしなければなりません。
それは、熱帯魚ショップの水槽の水が病気を含む水の場合があるためです。
このようにして、熱帯魚を買うと失敗が少なくなると思います。
ワンポイントアドバイス