Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

猫: 猫のいる我が家に赤ちゃんが誕生して共生する対策をしました

くるみん
 くるみん
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 3件
猫と赤ちゃんが快適に安全に暮らす方法
猫のいる我が家で妊娠が分かった時、喜びと共に猫と赤ちゃんとどうやって一緒に暮らしていこうかが心配でした。
そこで、猫と赤ちゃんが一緒に暮らす時の注意事項と、我が家でとっている対策について紹介します。

まず、妊娠中に気を付けることです。
妊娠中に猫からトキソプラズマという感染症をもらってしまうと、赤ちゃんに障害が残ってしまうような影響を与えてしまいます。
しかし、トキソプラズマが猫から人間に感染する確率は低く、生肉を食す方がよっぽど危険ですし、日常生活できちんと注意すれば感染のリスクは減らせるので、それほど心配することはありません。
トキソプラズマが感染する媒介となるのは、猫の糞が大多数です。
ですから、猫のトイレは、夫に掃除してもらうか、手袋を着用して終わったらせっけんでしっかり洗って対策しましょう。

赤ちゃんが生まれてからは、同じ部屋で過ごすかどうか迷いますよね、
生まれた時からずっと動物と一緒に暮らしている赤ちゃんは、アレルギーになりにくいとも言われていますが、やはり注意が必要です。

我が家の場合は、猫たちはすごく赤ちゃんを大事にしてくれました。
私が料理中に赤ちゃんが泣くと呼びに来たり、私がすぐにいけないと分かると赤ちゃんの隣で見守るようにいてくれたりしました。
赤ちゃんを引っ掻くこともないし、猫たちなりに大事な子だと分かって行動してくれていました。
子供も、猫と過ごすことで動物との接し方を覚えています。

ただし、猫の毛を粘着テープでこまめに取る事、トイレを子供が過ごす部屋に置かないこと、寝る時は別々の部屋でというのは徹底しています。
それと、猫が親しみを込めて子供を舐めてしまうのだけは阻止しています。
猫の唾液は雑菌が多いので、まだ免疫力の少ない赤ちゃんには心配だからです。

赤ちゃんが寝ている間は、猫たちを思いっきり抱きしめて可愛がってあげ、赤ちゃんも猫も快適に過ごせるようにしています。
きちんと対策すれば、赤ちゃんと猫の共生は十分可能ですよ。
ワンポイントアドバイス