Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

猫: 猫の健康管理

ひかりん
 ひかりん
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 3件
混合ワクチンは必ず受けよう
猫は犬と並びペットとして飼われる代表的な動物です。猫は本来外を出歩きます。しかし、現代社会は交通事故やその他危険がいっぱいです。
その為、室内猫として飼う人が増えています。
猫は室内飼いであろうと外猫であろうと飼うからには予防注射が必要です。
特に外を出歩く猫であれば猫同士の喧嘩などで病気になる危険性はたくさんあります。
その様な病気を防ぐためには5種混合ワクチンを接種する必要があります。
5種混合ワクチンとは猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、猫クラジミア感染症をいいます。
この5種混合ワクチンを接種しておけば絶対とは言えませんが病気に感染する危険性はかなり減ります。
それでは室内飼いの猫の場合は予防接種が必用でないのかといえばそうとも言えません。
完全に室内飼いであると言っても猫は脱走する事も多々あります。むしろ外に出ようとするのが普通です。
少しでも外に出れば他の猫とは接触しなくても糞であるとかおう吐物であるとかその様な物から感染する可能性があります。
従って3種混合ワクチンの接種はしておいた方が無難です。3種とは先ほどの初め3つを言います。
外を歩き回る猫の場合は毎年混合ワクチンの接種を受けねばなりません。毎年受ければその際に一緒に健康診断も受ける事ができます。
室内飼いの猫であれば毎年は必要ありません。2年に1回のペースで3種混合ワクチンの接種を受ければ良いのです。
何か病気になった時に後悔しない様に可愛い猫の為に混合ワクチンの接種を受ける事が大切です。
ワンポイントアドバイス