Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

犬(熱帯魚): ペット(熱帯魚)を買うための準備

ひらひら
 ひらひら
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 2件
水槽の選び方
熱帯魚は他のペットとは違い、部屋のインテリアとしても機能します。
色とりどりの魚達が水槽の中を泳ぐ姿はとても綺麗なものです。
熱帯魚を買うためには様々な用具が必要ですが、
ここでは水槽についてご説明します。
水槽はホームセンターやペットショップ、インターネット等で手軽に購入することができるため、
適当なものを買ってしまいがちですが、この水槽選びはとても重要になります。

まず、水槽には様々な大きさの水槽があります。
基本的には部屋にどのぐらいの大きさの水槽が置けるかといった視点で大きさを考えます。
一般的な水槽の規格は60cmの水槽です。
メンテナンスもあまり大変ではなく、水の量も多くはないため、初めてアクアリウムを始める方にもお勧めです。
小さい水槽や100円均一等で売ってるガラス瓶でも、
魚を飼うことは出来ますが、水槽は小さければ小さいほど、水質が悪化しやすいため、メンテナンスが非常に大変になります。
また、水量が少ない分温度の落差が激しくなります。
そのため、スペースに問題がないようであれば60cmを選択しましょう。
また、90cm、120cmという規格もあります。
部屋のスペースが十分あれば、大きな水槽の方が水質が安定しやすいため良いのですが、
その分お値段が高くなります。
また、問題になるのは重さです。
水槽が大きいということはそれだけ水を入れることが出来るということになります。
そうすると、何百キロもの重さとなるため、
場合によっては床が抜けてしまうこともあります。
もし、大きな水槽を導入したいということであれば、床が何キロの重さに耐えれるのかを事前に調べるようにして下さい。
また、畳の部屋の場合は畳が歪んでしまい、水槽が傾くこともありえるので、
フローリングの床におくようにしてください。

大きさの次に重要なのは水槽の素材です。
素材は主に、ガラスとアクリルの2種類あります。
ガラスの方が重たいのですが、アクリルに比べてクリアです。また、傷がつきにくです。
アクリルはガラスに比べて傷がつきやすいのですが、
割れる心配が低いことと、ガラスに比べて安いため、
120cmなどの大型の水槽を導入する場合に値段を抑えたいときなどに選択します。

私のオススメとしては、苔の掃除をしていると水槽を傷つけることがあるため、
ガラスがオススメですが、予算とメンテナンス性でどちらにするか選ぶとよいと思います。
ワンポイントアドバイス