Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

犬: 犬のしつけ

スミレ
 スミレ
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 6件
伏せを教えよう
伏せができると動物病院の待合室はもちろんのこと、ドッグカフェに行っても椅子の下でおとなしく待てるようになりますので、ぜひ教えてあげると便利です。

まず教え方ですが、犬を座らせます。
飼い主さんは犬の好きなもの、ボールでもおやつでも良いですから手に持ちます。
犬は興味を示してその手に注目するはずですから、ゆっくりとその手を真下に下げます。
犬の体勢は座ったまま頭を下に下げるはずです。
この時やさしく背中を軽く押しながら床に下げた手を前方にスライドするように動かします。
自然と伏せの体勢になります。
犬のお腹が床についたことを確認したら「そうだ」と言いながら、おやつ、もしくはボールを与えてください。

その姿勢をすることでご褒美があるということを教えるのが最初のステップです。
それを何度か繰り返すと、背中を押さなくても自分から伏せます。

次は伏せの行動を取り始めたら「伏せ」と声をかけます。
行動に対してコマンド語を教えるのです。
できたら「そうだ」と言ってご褒美を与えます。

これも何度か繰り返すことで、コマンド語と行動とご褒美の関連付けが出来てきます。
完全にできるようになるまではきちんとおやつやボールを使いましょう。
そこまでできたら総仕上げです。
おやつも見せずに(でも手には持っている)「伏せ」とコマンド語をかけます。
きちんと伏せたら「そう、いい子だ」と言ってご褒美を与えます。
言葉だけでできるようになればどこでも使えますので、段階を踏んで少しずつ教えてあげるといいでしょう。
ワンポイントアドバイス