Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

犬: 犬のしつけ

スミレ
 スミレ
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 6件
上下関係より信頼関係
長年犬を飼ってきた経験ですが、犬と飼い主との関係は、上下関係よりも信頼関係が一番大切だということです。

仔犬を迎えると教えることはたくさんあります。
トイレのしつけに始まり、ハウストレーニング、座れや伏せなど、数えるとキリがありませんが、仔犬の時期でなければできないことは社会化訓練です。
犬の社会化期とは、生後2ヶ月くらいから生後6ヶ月くらいまでを指しますが、この時期は一度しかありません。
他のことは後からでも教えることはできますけど、馴致教育は仔犬の心が柔軟な時期でなければスムーズにいきません。

まずよその犬や人に慣らして犬見知り、人見知りをしない陽気なワンコに育てていけば、人間社会でも愛されるワンコになりますし、飼い主さんも楽です。
最近では社会化期の大切さがペットショップなどでも浸透して、踏切の音やバイクの音、雷の音などが録音されたCDも販売されているほどです。
慣らしていくのは音だけではありません。
どこでも飼い主さんに体を触らせることができるワンコにするには、この時期からやっておくといいでしょう。

犬は成犬になってからいきなりお腹を出させようと嫌がって怒り出す子もいます。
でも仔犬の頃から慣らしておけば歯磨きなどもスムーズにできるようになります。

ゆっくり仰向けにしてやさしく体をなでていく、やりかたはただこれだけです。
この時はいきなりあちこち触らないことがポイントで、耳や手足は犬にとって敏感な部分ですから、それは仰向けに慣れてきたらで良いと思います。
毎日短時間でもいいですからこれは続けましょう。
仰向けにされたまま眠るくらいになれば合格です。
ぜひ仔犬のうちから続けていきましょう。
ワンポイントアドバイス