Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

猫: 事前にやっておけばよかったこと

タイチ
 タイチ
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 2件
猫が病気になった時のことも考えましょう。
ペットも病気をします。どんなに大事に可愛がって、ペットに合った餌を与えていても、病気になる時はあります。
ペットが手術をした時の治療費は、相当な額になります。人間の様にみんなが保険に入っているわけではないからです。
もし、ペットを飼うのなら、ペット用の保険に入ることも検討してみてはどうでしょう。調べてみると幾つか出てきますが、今はひと月に千円以下の保険もあるようです。私は保険会社とは何の関係もありませんが、保険に入っていればよかった!と思った経験はあります。

我が家の16歳になる猫は、これまで2度大きな病気にかかりました。
一つ目は、嘔吐を繰り返し、血便をしてしまう病気でした。CTとMRIを撮って、お腹を開く手術をしました。幸い術後はまた元気になり、普通にご飯も食べられるようになったのですが、結局全部で30万円以上の出費になりました。
ペット保険には入っていなかったので、そのお金は丸々我が家から出ていき、なかなか懐の痛い思いをしました。

そして今、我が家の猫は二つ目の大きな病気に苦しんでいる最中です。扁平上皮癌という、顔にできる癌です。うちの猫は顎の骨にできてしまいました。
この場合、顎の骨を取るしか治療の方法がないので、もう手術はせず、自然に任せることにしました。なるべくリラックスして過ごせるよう、配慮しています。

こうなってしまうと保険の出番はないのですが、もし顎の骨の摘出手術を受けるとしたら、やはりまた十万単位のお金がかかったと思われます。
ペットも命のあるものです。病気をしたらできる限りのお金をかけて治してあげたい、と思いますが、人間の生活も無視できません。いざというときのために、保険の加入も考えてみるといいかと思います。
ワンポイントアドバイス