Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

猫: ペットを飼っていて困ったこと

タイチ
 タイチ
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 2件
ペットを飼うなら、すべてにおいて覚悟が必要です。
もう16年前の事になりますが、子猫を自宅マンションの花壇で拾ってしまいました。
うちではすでにインコを飼っていたので、猫を飼う予定は全くなかったのですが…成り行きで飼うことになりました。
拾った場合、まず獣医さんに連れて行くと思うのですが、そうすると「責任を持って飼います」という誓約書を書かされます。どこの獣医でもそうかはわかりませんが、うっかり拾っちゃったでは済みません。放っておいたら死んでしまうと思ったから獣医に連れて行ったのなら、最後まで見届ける覚悟が必要です。

猫を飼う前年に、自宅マンションをリフォームしたばかりでした。壁紙を貼り直し、床もコルク材のものに取り替えました。何ヶ月も不自由な暮らしを強いられて、ようやく完成した新しい部屋に、子猫がやってきたわけです。
猫の習性など全く知らずに飼い始めたものですから、大変でした。
子猫はいたずらが大好きです。新しくしたカーテンによじ登り、張り替えた壁を駆け上がり、柔らかいコルクの床には爪を立ててコーナーを曲がっていった跡をたくさん付けました。
リフォームして綺麗になった部屋は、半年後には爪跡だらけになりました。

それから、子猫の爪はとても薄いです。人間の背中によじ登るのも大好きです。容赦なく爪を立てて登ります。薄い爪で引っかかれるのは、かなり痛いです。我が家の母はいつもよじ登られて精神的に参ってしまったこともありました。いくら可愛くても、悪気がなくても、痛いものは痛いです。

猫は本当に可愛いです。気まぐれなところもたまりません。今でも一緒に暮らしていますが、偶然拾ったとはいえ一緒に暮らせてよかったと思っています。
それでも、大変なことをたくさん乗り越えてここまで来たわけです。ペットを飼うなら、可愛い可愛いだけでは済まないことをよく肝に銘じて、決めるべきだと思います。
ワンポイントアドバイス