Lovely Pet!(ラブリーペット)はペット愛好者&ショップ参加型のペット情報総合サイトです。
  • ログイン

爬虫類(トカゲ): 具体的な飼育方法について

まりあ
 まりあ
 口コミ投稿数: 0件  ワンポイントアドバイス: 1件
毎年庭にやってくる小さな恐竜達の飼育方法
今我が家には小さな爬虫類が二匹います。
正式名称を「ニホンカナヘビ」というこの小さな生き物は、「庭の食物連鎖の頂点に立つ動物」と言われています。
同じく「トカゲ」と呼ばれる「ニホントカゲ」に比べて、体の色が地味(茶色)で艶がありません。
彼らは毎年春先から梅雨時にかけて庭によく姿を現します。日当りの良いブロック塀の上でひなたぼっこをするために出てきたところを捕獲し、大きめの飼育かごに入れて世話をしています。
体長10~15cm、極めて動きが素早いので捕まえるのはなかなか難しいのですが、しっぽを切らないよう十分注意して捕獲することが大切です。
飼育かごにはまず土を敷き、その上に小石をばらまき、更に彼らが上れるような小さな木を植えてやります。また、身を隠せるようなちょっと大きめの石も二三個入れます。
水飲み場はペットショップで石でできた皿を買いそれに水を入れて使っています。
そして最も肝心なことが餌やりです。飼い始めの頃はミルワーム(ミミズ様の虫)を与えていましたが、これはあまり消化が良くないそうで、初期に飼っていたトカゲ達はあまり長生きができませんでした。
その反省にもとづき、今は爬虫類専門のペットショップからミニサイズのコオロギを取り寄せ、それを与えています。コオロギにも栄養を強化したパウダー状の餌を与えているので、間接的にトカゲ達にも良質の栄養が行くようになりました。
またその他にも、しっかり陽光を浴びさせること、寒い時期の保温など細かな配慮が必要です。
ワンポイントアドバイス